半日ファスティング 半日断食の毎日

幸せ家族
スポンサーリンク

私は、毎日半日ファスティング(半日断食)をしています。

半日は、固形物を食べません。
朝は水分を沢山とります。

ファスティングってなに?

ファスティングとは、断食のことです。
宗教上では、断食をよく聞きます。

今はダイエットや身体を修復するためにファスティング(断食)を
取り入れる人が多くなっています。

 

 

断食は、昔から民間療法として取り入れられてきました。

今では断食のための施設や
病院でも断食の治療などをしているところが増えてきました。

半日ファスティングとは

半日、固形物をとらない断食です。

夜8時までに夕食をすませ、
昼の12時まで食べないことになります。
胃腸をしっかり休ませ、お腹がぐ~となったら
食べる感じです。

朝は、水分を沢山とります。
消化の良いフルーツなどはOKです。

昼と夜の2食は好きなだけ食べます。

 

 

私は、朝食の時間に厳選したサプリメントのジュースや
砂糖や添加物を使っていない生の酵素ジュースを飲みます。

半日ファスティングの効能

体内リズムを整えることができます。

体内リズムを整えるために以下の時間を意識することが大切です。

朝の4時~12時までは、排泄の時間

排泄がスムーズになるように積極的に水分はとりましょう。

胃腸をたくさん動かすと、排泄の妨げになります。
朝食を食べる場合も消化の良いものにしましょう。

12時~20時までは、栄養補給と消化の時間

しっかりバランスよく栄養がしっかりとれるように
食べます。

20時~4時までは、吸収と代謝の時間

夜遅くまで食べてしまうと
寝ている間もずっと胃腸を動かすことになります。

消化するのに エネルギーを使ってしまうと身体の修復ができません。
できるだけ食事は、20時までに済ませましょう。

 

 

現代人は、食べすぎの傾向があります。
いつも胃腸に食物があり、消化にエネルギーを使ってしまいます。

身体の不調の原因が
胃腸を長時間動かしていることにあるのかもしれません。

肩こりなどの身体の不調があるときは
昨日なにを食べたのか?考えてみるとわかります。

食事をすると眠くなるのは、
消化にエネルギーを使っているからです。

犬や猫は、具合が悪いときに食べなくなります。
それは、食べないことで身体を修復しているのです。

人間も 栄養を吸収して代謝という修復の時間を持つことで
体内リズムが整います。

朝起きると、自然な排泄があるようになるのです。

私の感想

子供の頃から胃腸の弱い私は、毎日半日ファスティングです。
食事は、昼と夜の2食です。

 

 

とても、調子がよく風邪もひきません。
午前中は、頭がさえて仕事がはかどります。

毎朝きちんと排泄ができて
体重も20代から変わりません。

すこし筋肉が落ちてしまったので
体重が少し減ってしまっています。
運動が必要なのですが…

こだわらないタイプなので、旅行やお出かけの時は別です。
美味しいものが目の前に出てきたら
いつでも何でも食べます。

成長期や身体を動かす方は、
3食しっかり食べましょう。

孫たちがきたら、もちろん朝食を作ります。
一緒に食べることもあります。

30代を過ぎ
あまり身体を動かさない
消費カロリーが少ない生活にだったら
半日断食は身体を整えるうえで有効な方法だと思います。

 

食べた物で身体はできている 何を食べたのか?が大事 低フォドマップ食
食べたもので身体はできています。身体が不調の時は、何を食べたのかを気にするようになりました。FODMAPフォドマップは、とても参考になります。個人によって 多少の差があると思いますが、低フォドマップ食にすると、お腹の調子が良いのです。

 

もっちもちの玄米革命!結わえるの寝かせ玄米ごはんパック

 

 

鶏プル発酵鍋

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。
PVアクセスランキング にほんブログ村
最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

幸せ家族
スポンサーリンク
りっこばあばをフォローする
りっこばあばのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました