ミラコスタの魅力【ホテルからの眺め・荷物預かり・駐車場など】子連れ・親子三世代

家族旅行
スポンサーリンク

娘夫婦からの父の日のプレゼントということで、夢のミラコスタへ。

孫(4歳と7歳)と一緒に家族7名で宿泊してきました。

ミラコスタ アクセス

ミラコスタへ宿泊する場合、車のナビの目的地はディズニーシーではありません。

ナビの目的地は、ホテルミラコスタを設定しましょう。

 

 

ミラコスタへ宿泊する場合は、ミラコスタの駐車場に車を泊めることができます。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタに宿泊のゲストは、「ディズニーリゾートライン」に滞在期間中何度でも利用できる乗車券(フリーきっぷ)をもらえます。

車と荷物はミラコスタに預けて、リゾートラインでディズニーシーやディズニーランドへ移動できます。

危うく間違えるところだった…。

ディズニーシーの混雑に巻き込まれることなく到着できます。

ミラコスタ駐車場

ミラコスタへ到着したら、車寄せに停めて荷物を下ろします。

 

 

子供達や私達は、ここで降りて荷物をホテルへ預けます。

ドアマンが荷物は運んでくれます。

屋根があるので雨の日でも安心です。

パパだけ駐車場へ。

駐車料金の割引を受けるために駐車券は忘れずに、チェックイン時にカウンターに提示してください。

ミラコスタ エントランス

ミラコスタのエントランスの前には 噴水があります。

 

 

パパが駐車場へ車を入れている間に写真撮影。

ミラコスタのロビーに入っただけで、気持ちが上がります。

 

 

ミラコスタ 荷物預かり

チェックイン前の荷物は、ロビー内にあるベルデスクで預かってもらえます。

そのまま、チェックインの時間15時より後になりますがお部屋に届けてもらえます。

チェックアウト後の荷物は、ベルデスクへ連絡すれば、お部屋のドアの近くに荷物をまとめておくだけで、そのまま運んで預かってもらうことができます。

帰りは、ベルデスクへ寄って荷物をもらうだけで便利です。

ミラコスタ駐車場からディズニーシー

チェックイン前は、ディズニーシーへ入るにはミラコスタのエントランスを正面にみたら左手の方へ進みます。

 

途中にリゾートラインの乗り場が見えます。

階段で1階に降りると、ディズニーシーの入場ゲートです。

 

 

ディズニーシーでたっぷり遊んだら、チェックインも兼ねてお部屋で休憩。

ミラコスタのお部屋とディズニーシーは何度でも行き来できます。

疲れた足をお部屋で休ませることができるなんて、ミラコスタ最高です。

ディズニーシーからミラコスタ 入口

ディズニーシーからミラコスタへどこから入るのかというと、こちらに入口があります。

 

 

ミラコスタ 何時から入れる

ミラコスタのチェックインは、15時です。

レセプションで行います。

チェックインを待つ間は、子供達はこんな可愛い場所がレセプションの近くにあります。

 

客室へ入れるのは、チェックイン後になります。

ミラコスタ ルームキー

オンラインチェックインを行うことで、スマホがルームキーになります。

予約者が同室のメンバーへルームキーを共有することも可能です。

レセプションでルームキーをもらうこともできます。

ミラコスタ部屋

チェックインが済んだら、いよいよお部屋です。

今回は娘家族はポルト・パラディーゾ・サイド、私とじいじと次男は、ヴェネツィア・サイドのお部屋です。

 

 

ミラコスタへ前もって電話で、 出来るだけ近くのお部屋になれるようにリクエストしました。

すると、なんとお部屋は斜め前という近さ。

こういうサービスが行き届いているのが、ディズニーリゾートです。

子供達は、いつでも行き来できるので大喜び!

ミラコスタ 客室

ヴェネツィア・サイド ツインのお部屋

ベットの下にもう一つのベットを出すことができます。

 

 

もうすでに、孫の姫と王子がベットの上でピョンピョン跳ねたあとです…。

 

 

こちらに、大人3人で宿泊します。

ミラコスタ お風呂

お風呂は、こんな感じです。

 

 

バスタブが見えない…。

ドアがかわいい。

 

 

ミラコスタ トイレ

反対側にトイレがあります。

 

 

洗面台とアメニティ

 

 

アメニティは、持ち帰りもできます。

 

 

マグカップも。

その他に、しっかりした素敵な紙袋とスリッパも。

ミラコスタ部屋着

部屋着はここに入っています。

 

子供用は、こんな感じです。

 

 

ミラコスタ ヴェネツィアサイド 景色

ミラコスタ ヴェネツィアサイドからの眺めは、ゴンドラや運河が見えてとっても素敵!

 

 

夕方、夜、朝と違った景色をみることができます。

 

 

日本にいながら この景色とは?

なんと贅沢な。

ホテルにずっといたいと思うくらいです。

ポルト・パラディーゾ・サイド ツインお部屋

こちらに、娘夫婦と孫2人の計4人で宿泊します。

 

ソファベットとベットの下から引き出せるベットがあります。

計4つのベットを使えます。

 

 

ポルト・パラディーゾ・サイド 景色

これぞ!ミラコスタ ポルトパラディーゾ ハーバービューという眺め。

 

 

火山が火を吹くところから ディズニーシー全体を一望できます。

 

 

 

ディズニーシーレストラン予約

夕食は、ディズニーシーを満喫したいのと子供が気兼ねなく食べれるディズニーシーのレストランを予約しました。

レストランの予約はしておいた方がスムーズです。

 

 

孫たちも私達も大好きな和食のレストラン『レストラン櫻』

 

 

18時に予約して、夕飯を食べてからも夜のディズニーシーを楽しみました。

ミラコスタ朝食『オチェーアノ』

朝食は、ミラコスタで。

 

 

 

朝食ブッフェなら、子供から私達まで満足のいく食事ができます。

ミラコスタ隠れミッキー

ミラコスタのいたるところにディズニーキャラクターがいます。

 

 

 

ミラコスタ内を歩いているだけで楽しめます。

ミラコスタ 製氷機

氷は各階に製氷機があります。

お部屋にあるアイスペールに氷を入れてきます。

お水はお部屋の冷蔵庫に人数分ありました。

ミラコスタ 喫煙所

驚いたのは、ミラコスタのスモーキングルーム。

 

 

とってもがっしりした椅子があって、綺麗でヨーロッパっていう感じです。
常に清掃されています。

ミラコスタ結婚式

ミラコスタではウエディングもできるんですね。

 

 

だれか結婚式に呼んでほしいわー!

ミラコスタ宿泊特典

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタは東京ディズニーシーのパークの中に宿泊できるディズニーテーマパーク一体型ホテルです。

ホテルゲスト専用のエントランス「ホテル&パーク・ゲートウェイ」で東京ディズニーシーと直接行き来することができます。

東京ディズニーリゾートを1周するモノレール「ディズニーリゾートライン」でも、リゾート内の各施設を移動することができます。東京ディズニーシー・ホテルミラコスタは「ディズニーリゾートライン」の「東京ディズニーシー・ステーション」が最寄り駅となります。

 

 

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタに宿泊のゲストは、「ディズニーリゾートライン」に滞在期間中何度でも利用できる乗車券(フリーきっぷ)がもらえます。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ レセプション
又は
東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター2F ホテルサービスカウンター

ミラコスタ 過ごし方

ミラコスタへ一泊しましたが、2日間ともディズニーシーを満喫しました。

そのためディズニーリゾートラインには乗れませんでした。

 

 

 

その分、ディズニーシーを隅から隅まで希望のアトラクションに何回も乗ることができました。

それにしても、ばあばとじいじはもっと体力つけないとね…。

何度も2人で家族から離脱して、ゆっくりとお茶を飲んでいました。

そして、なによりミラコスタで休めるのは至福の時間でした。

夜は早くからミラコスタに泊まっているのに爆睡です。(笑)

 

 

じいじとばあばと息子まで連れて行ってくれたパパとママよ ありがとう!

孫の王子と姫よ 楽しませてくれて本当にありがとう!

 

【新幹線代を安くするおすすめ予約方法】格安な新幹線付き宿泊プラン
新幹線代を安く予約できる方法をとことん調べてみました。新幹線+宿泊プランで予約するとホテル代が浮いちゃうくらい安くなります。時期にもよりますが、新幹線往復代より新幹線+宿泊プランの方が安いなんてこともあるから…。びっくり!
最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。
PVアクセスランキング にほんブログ村
最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

家族旅行
スポンサーリンク
りっこばあばをフォローする
りっこばあばのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました