北海道 札幌 テイクアウトで食べた美唄焼鳥(びばいやきとり)三船

北海道【札幌・トマム・北湯沢・登別…】
スポンサーリンク

じいじが焼き鳥を食べたいと言うので、娘婿のキングがお土産にテイクアウトしてくれましたー。

焼き鳥屋さんへ行くのは、小さな子供がいるとハードルが高いのです。

北海道でしか食べれない「美唄焼鳥三船」さんのやきとりです。

そして、美唄焼き鳥は栄養価も高そうです。

美唄焼き鳥(びばいやきとり)とは

美唄と書いて「びばい」と読みます。

北海道の美唄市で発祥したという美唄焼き鳥。

一羽の鶏をあますことなく食べるにはどうしたら良いのか?ということで生まれたんだそうです。

美唄焼き鳥は、鶏肉と、鶏レバーや内卵、砂肝、心臓などの内臓および、タマネギを、一つの串に刺して焼きます。

せい肉串とモツ串の2種類で、塩とコショウだけのシンプルな味付けです。

モツ串は、レバーや内卵 砂肝 心臓など内臓 皮と玉ねぎが串に刺さってます。

 

 

黄色く丸いのがキンカン(内卵)です。

焼き鳥で食べるのは初めてです。

新鮮だからできるんでしょうね。

びっくり!

 

 

これだけの種類を食べたら、女性に不足がちな鉄分やビタミンA 葉酸など豊富に摂れそうです。

せい肉串には、玉ねぎと鶏肉が刺さってます。

 

 

玉ねぎを使うのが北海道ならではです。

北海道産の玉ねぎなので、甘味があります

関東なら必ずネギですからね。

炭火焼きで油がちょうどよく落ちて香ばしく塩味でさっぱり食べれます。

モツ串も、新鮮だからか臭みはまったくありません。

北海道は、焼き鳥まで美味しいのね。

美唄のモツ串の歴史

明治の開拓時代に、国がそれぞれの家に鶏をつがいで支給したんだそうです。

開拓した人達は、その鶏を増やし特別な時のご馳走にしていました。

そんな大切な鶏を余すことなく食べるには?ということでこのモツ串が誕生したそうです。

 

美唄焼鳥三船 東札幌店
美唄焼鳥《三船》東札幌店のホームページです。昭和の初め、三船福太郎が美唄で一軒の焼き鳥屋を営みました。串一本で鶏がまるごと食べられる。そんな思いをめて作られたのが美唄やき鳥の始まりでした。以来、皆様に愛され続けて約七十年。その味を守り受け継いだ、本家元祖美唄焼鳥「三船」の美唄やき鳥をぜひ一度ご賞味下さい。

 

テイクアウトで、栄養たっぷりな美唄焼き鳥!ごちそうさまでした。

 

元気になるスープカレーサムライ 札幌でデリバリー(配達してもらいました!)
スープカレーサムライを札幌で配達してもらいました!本場札幌でどうしてもスープカレーが食べたい。小さな子供と一緒ならデリバリーで食べます。サムライスープカレーは、ジューシーなホロホロ骨付きチキンと美味しい野菜がたっぷりとれる身体にも美味しいスープカレーです。

 

404 NOT FOUND | りっこばあばのブログ
家族を幸せにする

コメント

タイトルとURLをコピーしました