倒産して、しくじり社長を奥様はどうやって支えられたんですか?

プロフィール
スポンサーリンク

プロフィールにも書きましたが、2015年に夫と共に経営していた会社が倒産しました。

 

夫は3年ほど引き籠っていましたが、今は講演家として活動しています。

 

夫が主催するオンラインサロン「元気の出るしくじり社長塾」での質問です。

 

 

スポンサーリンク

倒産して奥様はどうやって支えられたんですか?

 

うーん、ひとことでは答えられません。

 

支えたのは、私ではなく家族とか友人とかで…

 

奥様である妻の私は、1か月に一度くらいブチ切れるか…または泣くとか…
少しはそうした方が良いかな?とは、考えていました。

 

それでも、子供達が私の言いたいことを代弁してくれるし…

 

暗い事ばかり考えてると、引き寄せるしね…
できるだけ楽しいことに目を向けていましたよ(笑)

 

そんなこんなで5年も月日が経ちました。

 

 

倒産前の大変な時期に、長男と長女は結婚しました。

 

親のちからを一切借りずに、二組とも良く頑張りました。

 

そして、倒産後は親の援助や心配をして

子供達が一番大変だったんじゃないかな?

 

そして、4人の孫が生まれたり、家族の中には色々なイベントがありました。

 

だから、しくじり社長が引きこもっていても

まったくの引きこもりではなくて引きずり出さなきゃいけない場面も多くありました。

 

 

そんなこんなで、色々と忙しくしている間に5年も経ってた。

 

 

離婚とか考えませんでしたか?

はあ…
倒産すると離婚するのかな?…

 

そう言えば、夫から離婚して欲しいと言われたことがあったかも!?…

 

しかし、離婚してなにか良いことあるんでしょうか?

 

私には帰る実家もありませんし、ここは私の家ですから…
倒産して住んでいた持ち家は無くなりましたから、正しくは私の家族ですから・・・です。

 

少なくとも家族のお手本になりたい私には、離婚なんてそんな選択はありません。

そんな前例を作りたいとも思いませんでしたよ(笑)。

 

子供には父親が 孫にはおじいちゃんが必要なのだー!という感じです。

 

 

 

愛していたからとか

そんな甘い言葉でなくて 申し訳ありません。

 

大変な時に支えてくれるのは家族で 嬉しい時に心の底から喜んでくれるのも家族なんです。

 

こんなところで 今日は。

なにか役に立ちそうなら、またこういうことも書いていきます。

 

5年経ったから 少しは時効ということで…
沢山の方々へご迷惑やご心配をかけたのも事実だから…

 

こんな答ですが、興味を持って頂き ありがとうございます。

 

 

「母親失格」 子供の水の事故
子供の水の事故は、目を離したすきに10分もあれば命を奪う危険性があります。息子が1歳3か月の時でした。気が付くとお風呂で、息子がうつ伏せで浮いていたのです。母親失格です。とっさに人工呼吸して…命をとりとめることができましたが…
最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。
PVアクセスランキング にほんブログ村
最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

プロフィール
スポンサーリンク
りっこばあばをフォローする
りっこばあばのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました