私の原点は出産 子供は嫌いだったけれど

プロフィール
スポンサーリンク

私の原点は、出産したことです。

子育ては私が一番大切にしてきたことであり、常に子供に育てられてきたと思います。

子育てって、親の方が育てられているんです。

親業という言葉があるくらい 子供を産んだから親になるのではなく 子育ての中で親として育っていくんだと思います。

いろいろなことを教えてくれた子供達に感謝です。

 

子供を産む前の私は、子供が嫌いで可愛いとか思えませんでした。

近くに小さい赤ちゃんがいなかったからという理由もありますが
何となく正直で手に負えない恐い存在のように感じていたからです。

きっと子供を産むことは、ないだろうなと思っていました。

しかし、21歳で結婚してすぐに妊娠しました。

自分の子供は、かわいいのなんのって…
この守ってあげる存在の可愛さ
ママ!ママ!と私を頼りにする存在。

 

 

自分の子供を持って初めて子供大好きになりました。

そういう人も多いんじゃないかな?て思うのです。

身近に赤ちゃんがいないと、

自分が子供を産むことなんて考えられないんじゃないかなー。

 

それでも若かったから、何も考えずに計算もせずに出産できたんだと思います。

夫も同級生ですから、ほんとに子供が子供を産むという感じです。

 

出産となったら何でも情報を仕入れて、すぐに飛びつく私。
泳げないのにマタニティースイミングに通い始めたりしました。

確かに、お腹が大きいと浮力がつくのだけど、泳ぎをちゃんと習ったのはマタニティースイミングなんて笑えます。

一人目の出産は自然分娩の病院を選んだので、時間がかかって大変でした。
マタニティースイミングしたのにね…

 

そして、生まれてみたら可愛いのなんのって…

なんで誰も教えてくれなかった…

こんなに自分の子って可愛いんだー!って思いました。

 

 

「子育ては大変だ!大変だ!」っていう話は聞くけど、

その当時「かわいくてかわいくて楽しいー!」と言ってる人が周りにいませんでした。

 

そうね。

自慢とかになるし日本人は謙虚だから、幸せアピールしないのかな?とも感じました。

 

もっと楽しいとか、こんなにやりがいのあることはない!と言う人がいたら世の中変わるのかと考えたりします。

 

22歳での出産は、周りの友達が大学へ行き就職をして人生を謳歌しているように見えたりもしました。

私だけ子育てしてていいのか?とも考えたりもしました。

 

現在は、どんどん結婚や出産の年齢が高くなることで思い通りにならないことが多い時代です。

女性が働くことが当たり前になり働き手として重要視されるようになりました。

 

女性には、いろいろな選択肢があり自由になって良いことなのですが

体力もある20代で子育てできた私は幸せ者なんだなと、今になって思います。

 

【最新学習法!】世界の七田式メソッドを取り入れた話題の英語教材!
最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。
PVアクセスランキング にほんブログ村
最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

プロフィール
スポンサーリンク
りっこばあばをフォローする
りっこばあばのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました