人に好かれる「話を聴く方法」初対面編

女性応援
スポンサーリンク

りっこばあばです。
初対面の方に好かれる自信はありますか?
私は、延べ3,000人以上の初対面の方とお話する機会がありました。
好かれているかはわかりませんが、少なくとも嫌われない自信はあります!
それは、ついつい話過ぎてしまう自分を変えるように意識してからです。
それまでは、うるさくて賑やかな人だと敬遠されていたかもしれません。
初対面の方の話を聴くには、共通点を探す質問をすることが大切です。

なぜ共通点を探す質問をするのか?

人は共通点が多ければ多いほど、信頼関係が生まれるからです。
ラポールを築くとも言います。
「ラポール」とは、フランス語で「橋を架ける」という意味から、心が通じ合い、互いに信頼しあい、相手を受け入れていることを表します。
カウンセリングをするうえで、最も重要な、コミュニケーションスキルの1つです。
ラポールを築くとは、信頼や安心を築くことです。

 

共通点を見つける質問をする

初めての方とお会いするときに、どんな話をしますか?
話を聴くにもきっかけがないと話せません。
そこで、話を始める質問をしましょう。
さて、どんな質問が良いでしょう?
人は共通点が多いほど親近感がわきます。
初対面の方は、警戒心を持っているものです。
知らない方と話すのは勇気がいります。
相手も同じことです。
相手との共通点を見つける質問をしてみましょう。

 

例えば
同じ年くらいの女性とお話するとします。

「どちらにお住まいですか?」

 

「○○県○○市です。」

 

「え-?私もです。

ご出身はどちらですか?」

 

「○○です。」

 

「私も○○の近くの△△です。近いですねー。」
「高校はどちらですか?」

そして、高校が一緒なんて聴いたら先輩後輩の仲になっちゃいます。

①同じ女性である。
②年齢も同じくらい。(見た感じで良い)
③住まいが同じ場所。
④出身も近い。
⑤高校も一緒。
5つも共通点がみつかったら、前からお友達だった気分になります。
話が弾みますね!

そのほかに共通点が見つける質問は
趣味
職業
誕生月
星座や干支
好きな映画
好きな芸能人
好きな音楽・・・
いくらでも出てきそうです。
共通点がみつかる質問を用意しておくことも大切です。

 

女性には、初対面で決して年齢とかは質問しないでくださいね。
大体同じくらいの年だと思ったら、「干支はなにですか?」という質問くらいにしておきましょう。
共通点が多ければ多いほど親近感がわき、話が弾みます。

信頼関係が築けたら

同じ共通点が多くみつかるほど話が弾んでくることでしょう。
しかし、そんなときでもできるだけ聴く側になりましょう。
人は、話を聴いてくれたというだけで楽しいのです。
話をよーく聴いてくれる人が、大好きです。
呼吸を合わせて、よく聴いてみましょう。
呼吸を合わせる方法は前回に書きましたので、参考にしてください。

人から好かれる「話を聴く方法」
人は、話を聴いてくれる人を信頼して大好きになります。上手に話を聴く方法は、自分の呼吸を相手の呼吸に合わせることです。相手のあごの動きに合わせてうなずきます。そうすることで呼吸を合わせて聴くことができます。

まとめ

初対面の方とは、まずは信頼関係を築きましょう。
そのためには、共通点を見つける質問をします。
共通点が多いほど信頼や安心が生まれます。

話が弾んできても自分が自分がと話をしないで、話を聴く側になりましょう。
相手と自分が話す割合は 8:2です。
相手に8割話してもらうくらいが丁度良いです。
人の話を聴いているつもりでも、自分が話していることが多いからです・・・
人から好かれたいなら、話している割合にも注意を向けてみましょう。
あなたも自分の話を良ーく聴いてくれる人を大好きなのではないでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。
PVアクセスランキング にほんブログ村
最後まで読んで頂きありがとうございます。ポチっと応援♪励みになります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

女性応援
スポンサーリンク
りっこばあばをフォローする
りっこばあばのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました